“においがない”ということ

健康住宅もみの木の家和才建設

このブログでは、日々の活動内容のお知らせだけではなく、
もみの木の話や家づくりについて、
わたしたちの想いもお届けできればと思います。

今回は、わたしたち和才建設が大切にしている
室内の空気環境のお話です。

もみの木の家で体感できることのひとつに、
“においがない”ということがあります。

どんな家にも、家にはその家ならではの“におい”があります。

新築のにおい、木のにおい、芳香剤のにおい。

よく“新築のにおい”と呼ばれるどことなく乾いた軽いにおいは、
新建材から発せられる化学物質のにおいです。

ひのきや杉を使った家では、その木材のにおいがします。
自然素材の塗り壁でも、
使われているつなぎ材が化学物質だったとしたら、
壁自体がにおうことになります。

生活が始まると、家の中にさまざまなものが持ち込まれるので、
それらからも色々なにおいがしてきます。
その生活臭を消すために、今度は消臭剤や芳香剤が使われ、
さまざまなにおいがブレンドされていきます。

それが好きなにおいで、体調に影響がなければ問題はありません。
怖いのは、そのにおいが原因で体調不良になることもあるということです。

もみの木の家は、そんなにおいを分解してくれます。
「吸収」ではなく「分解」するため、においがしません。

もみの木自体は微香性。
家自体のにおいもそうですが、
持ち込まれたもののにおいや生活臭も消してくれるため、
消臭剤や芳香剤を置く必要もありません。

極端な話、トイレや洗面所の入口をいつも開放していても大丈夫。
押入れや台所、下駄箱やトイレなど、
においが気になりがちな場所に使用すると効果的です。

もみの木の家は、
透明感のあるきれいな室内空気で家族の健康を守ります。

関連記事

  1. とんかつ豊後さん完成

  2. 地鎮祭

  3. 分譲地のご紹介です。

  4. とんかつ豊後解体進中

  5. 健康な住まい造りの会 九州

  6. とんかつ豊後 解体中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。