ダニの繁殖抑制にも効果的です

ダニが増殖する季節が今年も近づいてきました。

ダニは梅雨の湿度の高い時期に活発に繁殖します。

普通の家では、梅雨の時期には室内の換気が不十分になりがちです。

そのため、室内に湿気がこもりやすくなり、通気の悪い室内はダニの繁殖に適した環境となります。

ダニを繁殖させないためには、湿気の原因となる風呂場やキッチンなどの湿った場所をよく換気し、除湿器を使用して室内の湿度を適切なレベルに保ったり、頻繁に室内を掃除し、特にダニがたまりやすいベッドや布団、カーペットなどを掃除機や布でしっかりとホコリを取り除く必要があります。

また、梅雨時期や湿気の多い夏は、衣類や寝具が湿気を含みやすくなるため、乾燥機や日光に当てて十分に乾燥させる必要もあります。

布団を週に1回程度外に干す方も多いと思います。

さらに、燻煙剤を使用する方もいるかもしれません。

普通の家では、ダニ対策として大体上記のような対策が必要になってくると思います。

普通の家では、ダニ対策として大体上記のような対策が必要になると思います。

もみの木の家は、上記のようなダニ対策が容易になります。

もみの木の家は、室内に調湿効果が高い自然乾燥&柾目のもみの木を床面積の2倍以上使用し、除湿器などがなくても家自体が湿度を調整する環境になっています。

ダニを繁殖させないためには、湿度が50%〜60%の範囲内に収まるようにする必要がありますが、もみの木の家は、年間を通じて室内の湿度を50%〜60%の範囲に保ってくれます。

掃除に関しても、もみの木の内装材は静電気を帯びにくい性質があり、静電気は埃やホコリを引き寄せやすくする要因となるため、室内に埃やホコリが溜まりにくく、小まめな掃除をしなくても掃除機で簡単に取り除くことができます。

自然乾燥されたもみの木は、天然の成分がしっかり残った状態になるので、ダニが苦手なほのかな香りがダニの繁殖を抑えてくれます。

もみの木の家は、アレルギー源となるダニの存在を最小限に抑える家になっています。

高い調湿効果などでダニの生息に適さない環境を実現します。

ダニアレルギーやダニによるアレルギー性鼻炎の症状を抱える方も安心して暮らせます。

和才建設は、家族の健康を守る家づくりのお手伝いをいたします。
福岡県京築(築上(吉富町、上毛町)、豊前、行橋)、
大分県北部(中津、宇佐、豊後高田)を拠点にしています。
上記エリア以外の方でもお気軽にお問合せ下さい。

関連記事

  1. 内装材に注意!高気密高断熱の家

  2. 板目と柾目

  3. 建設資材の高騰で考える住宅の選び方

  4. 優しい床

  5. 梅雨入りの準備

  6. 埃が溜まりにくくなってます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。