寝苦しいよるがありません。

来週から気温がグッと上昇するという天気予報が出ていますね。

いよいよ寝苦しい夜がやってきています。

25度を超える熱帯夜になると、エアコンなしでは寝ることができず、暑さで何度も目が覚めてしまいます。

これにより、寝不足が続き、日中のパフォーマンスも低下してしまいます。

寝不足は夏バテの原因にもなり、体調を崩しやすくなります。

住宅の断熱性能が低いと、外気温に室温が左右され、快適な生活が難しくなります。

住宅の性能が低いと、夏は暑く冬は寒いという過酷な環境での生活を強いられます。
結果として、快適に感じる期間が非常に短くなり、寝ても疲れが取れず、睡眠負債が蓄積されます。

寝苦しい夜が続くと、日中も眠気に襲われ、一日中すっきりしない状態で過ごすことにもなります。
快適に暮らせる家であれば、夏の暑さや冬の寒さを感じることなく、1年中快適に過ごせます。

しかし、建築後に住宅性能を改善するのは難しいため、最初から性能の高い住宅を建てることが重要です。

ここで、もみの木の家の利点が大いに役立ちます。
もみの木の家では、自然素材であるもみの木を使用し、断熱性と調湿性に優れた住宅を提供しています。

もみの木は湿度を自ら調整する特性があり、室内の湿度を適切に保つことで、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。
また、もみの木の香りはリラックス効果があり、質の高い睡眠をサポートします。

地球温暖化の影響で年々平均気温が上昇し、夏には40度を超える日も増えています。
扇風機だけで夏を乗り切る時代は終わり、エアコンで室温をコントロールしなければ、室内で熱中症になる危険もあります。

電気代も高騰しているため、節約しようとエアコンの使用を控えると、寝不足に繋がります。
各部屋ごとにエアコンを使用すると電気代がかさむため、タイマーを設定して寝ると途中で暑さで目が覚めてしまい、熟睡できません。

もみの木の家では、エアコン一台で快適に暮らせるため、夜に暑さで目が覚めることもなく、電気代も気にせずに朝までぐっすり眠ることができます。

一年中同じ布団で過ごせるほど温度変化が少ない家で、素足で半袖半ズボンのまま快適に過ごせます。
一度快適な住宅で寝苦しい夜を快適に過ごせれば、夏バテすることなく健康に過ごせるでしょう。

住宅の性能が睡眠の質に大きく影響し、良質な睡眠がとれると、疲れが残らず、日中のパフォーマンスも向上します。

和才建設は、家族の健康を守る家づくりのお手伝いをいたします。
福岡県京築(築上(吉富町、上毛町)、豊前、行橋)、
大分県北部(中津、宇佐、豊後高田)を拠点にしています。
上記エリア以外の方でもお気軽にお問合せ下さい。

関連記事

  1. デザインよりも快適さが重要です

  2. 建設資材の高騰で考える住宅の選び方

  3. 多くの木は呼吸しません

  4. 秋の花粉症にももみの木

  5. 完成見学会中止のお知らせ!

  6. 他の無垢材とはどう違うのか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。