家族の健康を考えた調理器

厳しかった夏の暑さもやっと落ち着き、
涼しいと感じる日もでてきました。
食欲の秋、到来!
そこで今回は、調理器のお話です。

もみの木の家は高気密・高断熱のためガスは使えません。
ガスは燃焼するときに酸素を使うので、
家の中にいる人が酸欠になってしまう恐れがあるからです。

IHクッキングヒーターは、電磁波の健康への影響に
不安を抱いている方も多いため避けています。

そこでお薦めなのが
「スーパーラジエントヒーター」という調理器。

ガスとIHクッキングヒーターの中間の位置にあるような商品です。
ヒーター自体が発熱してお鍋やフライパンを温めるため、
感覚的にはガス火での調理に近いです。

鍋も選ばないので買い換える必要がなく、
使い慣れたお鍋で料理ができるため、
使い始めから馴染めることも特徴のひとつです。

遠赤外線による調理なので、煮込み料理が美味しく仕上がります。
蓄熱もできるため、余熱調理をすることもできて経済的。
また、ガスよりも空気の上昇気流が少ないので、
揚げ物などをしても油がはねにくく、キッチンも汚れにくくなります。

スーパーラジエントヒーターは低電磁波なので、
ペースメーカーや補聴器を使用されている方、
妊娠中の方でも安心して使える人にやさしい調理器です。

和才建設は、家族が健康に暮らす家づくりをお手伝いいたします。

関連記事

  1. よしとみワッショイ春祭り

  2. 健康な住まい造りの会 九州

  3. 家づくりとお金 〜 住宅ローンと自己資金 〜

  4. 夏休み最後の土曜日

  5. 分譲地のご紹介です。

  6. 第5回もみカフェのご案内

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。