もみの木が効果を発揮するのは天然乾燥のみ!

もみの木の様々な効果について弊社ホームページやブログでもご紹介していますが、どんなもみの木でも使用すれば効果が期待できるという訳ではありません。

木を木材として使用するには、乾燥させて中に入っている水分を抜くことで使用可能になります。

乾燥方法には、大きく分けて天然乾燥と人工乾燥の2つの方法があるのですが、住宅業界で出回っている「乾燥材」の99パーセント以上は人工乾燥になります。

人工乾燥は、人工的に高温の熱を加えることで強引に木の水分を取り除く乾燥方法で、素早く木材を乾燥させることができますが、木材は熱を加えると木の細胞が崩壊し、中の油分などが抜けてしまい本来持っている成分がなくなってしまいます。

よって、人工乾燥によって乾燥されたもみの木で家を建てても、調湿効果や消臭効果等が全く無い家になってしまうのです。

一方、天然乾燥は外干しで乾燥させる方法で、雨の日は建物内に取り込み、雨が上がると再度外干しをするなど乾燥までに数ヶ月とかなりの時間を要しますが、木の細胞は生きたまま使用することができるので、木に含まれる油分などの成分が豊富に残り、調湿効果や消臭効果等を発揮します。

つまり、木の効果を発揮させるには天然乾燥させた木材でないと何の効能も期待ができないと言えます。

弊社で使用しているもみの木は、マルサ工業フォレストバンク製の天然乾燥されたもみの木となっていますのでご安心ください。

※弊社モデルハウスにて、もみの木を体感することができます。ご体感されたい方はお電話またはお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

和才建設は、家族の健康を守る家づくりのお手伝いをいたします。
福岡県京築(築上(吉富町、上毛町)、豊前、行橋)、
大分県北部(中津、宇佐、豊後高田)を拠点にしています。

関連記事

  1. 家づくりとお金 〜 住宅ローンと自己資金 〜

  2. 吹き抜けと断熱

  3. とんかつ豊後解体進中

  4. 健康住宅もみの木の家和才建設

    “においがない”ということ

  5. 自然素材=健康ではない!?

  6. 家づくりとお金 〜 返済方法と金利の種類 〜

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。