もみの木の家で過ごす、おうち時間

再びコロナ感染者数が増加傾向にある今日。

昨年同様に、今年もゴールデンウィークは何処にも出かけず自宅で過ごすという方も多いのではないでしょうか。

おうち時間が長くなるほど、使用している内装材によって室内環境の快適性が変わってきます。

もみの木の家の場合は、床や天井など床面積の2倍のもみの木をふんだんに使用します。

弊社で使用しているマルサ工業フォレストバンクのもみの木は、天然乾燥されたもみの木である為、木が本来持っている成分が破壊されず、半永久的に放散されるフィトンチッドという成分によって、空気洗浄ができるので室内環境が健やかになります。

湿度が高くなる雨の日でも、もみの木には調湿効果があるので、湿度を一定に保ち、洗濯物を部屋干ししても嫌な臭いも発生しませんし、しっかり乾きます。

また、柾目なので肌ざわりもサラッとしていて素足で歩くと心地よく、カーペットなどが不要になったり、冬場でも熱伝導率が低いので、エアコンの暖房のみで床が暖かく快適です。

さらに、消臭効果もあるので、家の中で焼肉をしても翌日には臭いが消えてなくなります。

この様に、もみの木の家では自宅で過ごす時間が長くなっても快適に過ごすことができます。

ご興味がある方は、モデルルームもご用意していますので、是非ご体感ください。

和才建設は、家族の健康を守る家づくりのお手伝いをいたします。
福岡県京築(築上(吉富町、上毛町)、豊前、行橋)、
大分県北部(中津、宇佐、豊後高田)を拠点にしています。

関連記事

  1. もみの木の家

  2. 観葉植物にもやさしいもみの木の家

  3. もみの木の家でジメジメ対策

  4. 家づくりとお金

  5. もみの木はどこからやって来る?

  6. 新築の匂いの正体は!?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。