効果はいつまで続くのか?

様々な効果があるもみの木の家ですが、その効果はいつまで続くのか。

疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?

一般的に使用する木材の樹齢の分だけ効果は持続すると言われています。

ただし、これは自然乾燥された木材のみに言える事です。

弊社で使用しているマルサ工業フォレストバンク製のもみの木は樹齢で200年~300年程になり、長時間かけて自然乾燥された木材となるので、簡単に言ってしまえば200年から300年持続する事になります。

よって、私たちが生きている間だけでなく、2世代後までは効果が残っている事になります。

私たちがいなくなくなっても、消臭や調湿など様々な効果を発揮し続け長きに渡り快適に保ってくれる家は、なかなか無いと言えます。

今だけでなく、この先もずっと健康で快適に暮らすことを考えた場合、もみの木の家は自信をもってお勧めすることができます。

関連記事

  1. もみの木の家の隠す収納②

  2. 花粉症が緩和されるかも

  3. 断熱工事

  4. 鼻が通る家

  5. もみの木の家の壁紙

  6. おうち時間を心地よくするインテリアと空間

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。