普通の家では出来ないこと

今年のGWは長い方で10連休みたいですね。

皆様はどのようにお過ごしでしょうか。

僕は特に出掛ける予定もなかったので、家の床に水を撒いて拭き掃除をしたりして過ごしました。

一般的な家では、床に水を撒くなんて考えられないと思います。

もし水を撒いたりするとビシャビシャになってしまいますし、シミになったり、調湿なんてしてくれないのでカビの原因にもなります。

無垢材と謳われている床材でも機械乾燥された板目材だと同様の結果になると思います。

もみの木の床材は、水を撒いてもしっかり乾きますし、乾いた後もシミになりにくいので心配も不要になります。

弊社で使用しているもみの木の内装材は、自然乾燥された柾目材になるので、水を弾く板目材と違い、水の吸放出が得意な木材となるのでしっかり乾きます。

乾いた後も調湿効果があるので、ジメジメしたりベタつく事もありません。

また、水を撒く事でもみの木の香りが沸き上がり、自宅にいながら森林浴もできます。

大型連休に出掛けたりしなくても特別な家で、のんびり快適に過ごす。

もみの木の家ならではの醍醐味です。

和才建設は、家族の健康を守る家づくりのお手伝いをいたします。
福岡県京築(築上(吉富町、上毛町)、豊前、行橋)、
大分県北部(中津、宇佐、豊後高田)を拠点にしています。

関連記事

  1. 新築の匂いの正体は!?

  2. 第6回もみカフェのご案内

  3. もみの木の家で光熱費節約

  4. アイン

    生活害虫を避けるには

  5. 夏休み最後の土曜日

  6. 足のベタベタがありません

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。