新築の匂いは有害です。

アイン

新築の匂い。

「良い匂い」と感じる人も多いのではないでしょうか。

その匂いの正体は「揮発性有機化合物」(VOC) の匂いになり、身体にとって好ましくない成分です。

この匂いの原因は何かというと、カラーフロア、 ビニールクロス、合板やベニヤなどになります。

これらが多くの方がいい匂いと感じる化学物質から揮発した「新築の匂い」になります。

もみの木の家では、揮発物質を含む材料の使用を出来る限り最小限に抑えています。

ただ、ドアなどには合板が使われていたり、 ユニットバスはプラスチックで構成されているため、揮発物質がゼロではありません。

しかし、もみの木には空気洗浄効果があるので、「新築の匂い」と言われる匂いはせず、新築の家の中は無臭またはほのかにもみの木の爽やかな匂いがします。

もみの木は、化学物質を分解します。

また、消臭効果もあるので何年住んでも生活臭がすることもないので、芳香剤も消臭剤も必要ありません。

もみの木の家を体感した事がない方には理解できないと思いますが、もみの木の家を体感すると必ず違いが分かると思います。

もみの木の家に慣れている私は、一般的的な普通の新築に足を運ぶと凄く鼻の中が痛くなります。

今では高気密高断熱の家が当たり前になり、使用する内装材によっては、住み続ける限り、微量の化学物質を体内に取り込み続ける事になります。

和才建設は、家族の健康を守る家づくりのお手伝いをいたします。
福岡県京築(築上(吉富町、上毛町)、豊前、行橋)、
大分県北部(中津、宇佐、豊後高田)を拠点にしています。

関連記事

  1. もみの木+高気密・高断熱仕様の家

  2. 床に水を撒いて、お掃除

  3. よしとみワッショイ春祭り

  4. もみの木以外は使用致しません。

  5. 音響にも効果的です!

  6. 観葉植物にもやさしいもみの木の家

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。