床にソースをこぼしても大丈夫

一般的に無垢と呼ばれている材料でも塗装がされていたりする事があります。

これは、汚れや傷から守るために施されているのですが、「無垢材」と謳っているものに塗装を施してしまうと無垢材の良さが全部無くなってしまい、ベニヤと同等になってしまいます。

もみの木の家で使用するもみの木の材料は「無塗装」になります。

保護膜が無いので「汚れ易かったり傷が付きやすいのでは?」と思うかもしれませんが、汚れた場合は水を掛けて拭いておけば綺麗に取れますし、傷にも強く、椅子を引いても傷にはなりません。

床にソースをこぼしたとしても水を掛けて、上に浮かして雑巾で拭き取ればシミになったりもしませんし、匂いもしません。

一般的な無垢の家でソースをこぼしてしまうとシミになってしまう恐れがあるので、一大事になるレベルです。

もみの木の家の床材は、面白い事に住めば住むほど汚れが取れやすくなります。

和才建設は、家族の健康を守る家づくりのお手伝いをいたします。
福岡県京築(築上(吉富町、上毛町)、豊前、行橋)、
大分県北部(中津、宇佐、豊後高田)を拠点にしています。

関連記事

  1. 人に優しい無垢材とは?

  2. ヒートショックを防ぐもみの木の家

  3. 2世代後も効果が続きます

  4. ストレスのない家

  5. 足のベタベタがありません

  6. 今週は地鎮祭でした

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。