誇りが溜まりやすい家の解決策

空気中に漂う目に見えない微粒子は、日常の掃除だけでは取り除けないものです。

埃やハウスダストは、放置すれば健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

特に、短期間であってもほこりが溜まり続けると、喘息やアトピー、アレルギー症状のリスクが高まります。

では、どのような家の環境が埃が発生しやすいのでしょうか?

その答えは以下のとおりです。

多人数家族であること、ペットを飼っていること、絨毯やマット類が多いこと。

埃やハウスダストの微粒子は、人の動きや温度差による気流、エアコンの風によって部屋の中に拡散し、壁や家具などにたまります。

人数が多く、絨毯や繊維系のものが多い家ほど、埃が発生しやすい環境になります。

そのため、埃が発生しにくいようにするには、内装材を変更する必要があります。

一般的な住宅では、壁紙にビニールクロスが使われていますが、このビニールクロスは静電気を帯びてホコリを引き寄せます。

また、多くの住宅で使用されているカラーフロアーも同様です。

これらがさらに埃を発生させ、環境を悪化させます。

しかし、もみの木の内装材を使用すれば、これらの問題が解決されます。

もみの木は静電気を帯びず、ほこりを吸引しません。

また、油煙も抑制しますので、掃除は簡単になります。

このように、内装材をもみの木に変更することで、埃の発生を抑制し、掃除の手間を減らすことができます。

和才建設は、家族の健康を守る家づくりのお手伝いをいたします。
福岡県京築(築上(吉富町、上毛町)、豊前、行橋)、
大分県北部(中津、宇佐、豊後高田)を拠点にしています。
上記エリア以外の方でもお気軽にお問合せ下さい。

関連記事

  1. 冬でも温かいもみの木の家の理由

  2. もみの木の家でジメジメ対策

  3. 家づくりとお金 〜 返済方法と金利の種類 〜

  4. 第4回もみカフェ告知

  5. 高水準な省エネ性能

  6. 合言葉は「おうちで過ごそう」

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。