もみの木の家の食品備蓄

今年の台風1号が発生したのは、平年よりもかなり遅く、
統計開始以来8番目に遅い記録となりました。
例年台風が日本に上陸するのは多くが7月から9月。
昨年は9月や10月に上陸した台風が全国で大きな被害をもたらしました。

ゲリラ豪雨や台風などの自然災害、今回の新型コロナウイルスの影響により、
近年は家庭の備蓄に対する意識や関心が高まっています。

和才建設のもみの木の家では、パントリー(食品庫)や納戸などの
収納スペースの床や壁はもちろん、棚板にももみの木を使用しています。

もみの木の調湿効果により、湿度が一定に保たれているため
湿気を気にせずに食料品や日用品の保管ができます。

また、もみの木の忌避効果により、
外部からの虫の侵入やカビ、菌類の発生を防ぎます。

以前実施した内装材の違いによる結露・抗菌実験でも
もみの木の調質作用が実証されています。

これは極端な例ですが、これがもし自宅のパントリーだったら…と思うと
ちょっとドキッとする結果ではないでしょうか。

今年の夏は日照不足や長雨などの影響で、
夏野菜をはじめ、野菜全般の価格高騰がニュースにもなりました。

健康のため、常温保存のできる野菜のほか、
野菜や果物などを漬けたり発酵させて作る保存食や
切り干し大根などの乾燥野菜、ワカメ等の乾燥海藻など
長期的に備蓄できる昔ながらの食文化も見直されてきています。

自然災害や予測できないウイルスの流行など、
想定外の事態はいつどこで発生するかわかりません。
電気やガス、水道などが止まってしまったり、
長期の外出自粛や野菜不足等が起こった場合に備えて、
食料品や日用品を備蓄する環境もしっかりと考えましょう。

和才建設は、住宅とは家族の絆を育み、
暮らしの夢を大切に育んでいく場所と考えています。
高い性能を実現している設計力と伝統工法、そしてもみの木のさまざまな効能により
家族の健康を守る家づくりのお手伝いをいたします。
福岡県南西部(築上(吉富町、上毛町)、豊前、行橋)、
大分県北西部(中津、宇佐、豊後高田)を拠点にしています。

関連記事

  1. もみの木のオリジナル家具

  2. 冬でも温かいもみの木の家の理由

  3. 夏のもみの木の家の過ごし方

  4. ヒートショックを防ぐもみの木の家

  5. 地鎮祭

  6. 梅雨入りの準備

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。