福岡でもみの木の家を建てられるのは弊社だけ

現在、福岡では「もみの木の家」は私たち以外では作ることができません。

もみの木の内装材は手間暇がかかる自然乾燥で加工も容易ではないため、大量生産ができません。

そのため、どんな大手の会社であっても仕入れられる品物ではありません。

もし、私たち以外でもみの木を扱える会社があるとすれば、「Forest Bank製のもみの木」とは異なるものということになります。

もみの木の内装材を使ったら、どれも同じ「もみの木の家」と思われている方も多いですが、長時間かけて自然乾燥されたもみの木でなければ、消臭効果や調湿効果、抗菌効果などは期待できません。

なぜかというと、機械乾燥されたものでは、もみの木が本来持っている成分が破壊されてしまうからです。

もみの木以外の木も同様に機械乾燥されたものは、成分が完全に破壊されています。

そのため、木には調湿効果があると謳っている会社は多くありますが、ほとんどの場合、効果は期待できないことがほとんどです。

見た目だけで使いたいという方には良いかもしれませんが、付加価値を求めるのであれば、やめた方が良いと思います。

また、弊社が扱うもみの木内装材は普通の木材とは扱い方が少し異なります。

付加価値が大きい素材なので、その価値を最大限に発揮させる方法や場所によって効率の良い使い方や使用量を変えています。

そのため、もみの木の貼り分けは私たちにお任せいただいています。

もみの木の家は普通の家とは異なります。家を造る考え方も、暮らし方も、扱い方も変わってきます。

もみの木の家に付加価値を求めるのであれば、その特性に熟知している会社に依頼されることをお勧めします。

和才建設は、家族の健康を守る家づくりのお手伝いをいたします。
福岡県京築(築上(吉富町、上毛町)、豊前、行橋)、
大分県北部(中津、宇佐、豊後高田)を拠点にしています。
上記エリア以外の方でもお気軽にお問合せ下さい。

関連記事

  1. クリスマスツリーの木で家を造っています

  2. いつまでOK?増税前の住宅購入

  3. 第7回もみカフェ日時のご案内

  4. アイン

    生活害虫を避けるには

  5. 内装材に注意!高気密高断熱の家

  6. 光熱費対策にもみの木の家

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。