新築のにおいは危険です。

新築の匂いは、よく聞くあの匂いは実は相当危険です。

これは、鼻につくような酸っぱい匂いで、その匂いはビニールクロスやカラーフロアなどから揮発されている化学物質の匂いです。

また、無垢材の自然素材とされる家でも、塗料にアクリル樹脂系などが使用されていることがあり、これも敏感な人には頭痛、せき、鼻詰まりなどの原因となることがあります。

これらの化学物質は、住んでいる間に揮発し、それを呼吸で吸い込むことにより、体に悪影響を及ぼします。

大人でもその匂いがある場所にいると頭痛などが起こることがありますが、子供はその10倍の影響を受けると言われており、注意が必要です。

住み始めた時に症状がなくても、その影響は気付かないうちに現れることが多く、今は大丈夫でも、急に症状が出る場合もあります。

もみの木の家では、このような有害物質の放散が極力抑制され、室内の空気は清浄で健康的なものとなります。

もみの木の内装材は、VOC(揮発性有機化合物)を吸収する優れた性質を持っており、室内の空気浄化に貢献します。

ですので、もみの木の家では、有害な新築の匂いもなく、小さなお子様がいるご家庭でも安心して暮らすことができます。

和才建設は、家族の健康を守る家づくりのお手伝いをいたします。
福岡県京築(築上(吉富町、上毛町)、豊前、行橋)、
大分県北部(中津、宇佐、豊後高田)を拠点にしています。
上記エリア以外の方でもお気軽にお問合せ下さい。

関連記事

  1. もみの木の家で災害に備える

  2. もみの木の家でインフルエンザ予防

  3. 住まいと健康

  4. 家づくりとお金 〜 住宅ローンと自己資金 〜

  5. 高水準な省エネ性能

  6. もみの木の床は冷たくない

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。