家は性能が大切

皆さんはどんな家を建てたいと思っていますか?

見た目がいい家を建てたいと考える方もいるでしょうし、性能がいい家を建てたいと考えてる方もいるもいるでしょう。

承認欲求の高い方は家の見た目ばかりにこだわって、カッコ良さなどを追求すると思いますが、見た目にばかりこだわると中身のない性能の低い家になってしまいます。

価値観はそれぞれですが、向こう数十年の事を考えた場合、見た目よりも家自体の性能を重視した家を建てる方がいいと思います。

家の見た目にこだわってもファッションと同様に家のデザインにもトレンドがあります。

カッコ良さを追求したところで、時間が経てば古臭いデザインになってしまいます。

それに性能が悪い家だと後々家自体の消耗も激しくなりますし、生活していると知らないうちに人体に悪影響が起こってしまうことだってあります。

例えば、真夏だと家の中が灼熱で暑くなりすぎたり、冬は家の中でも寒くて乾燥がひどくなったりします。

エアコンをガンガンに使ったり、加湿器を使ったりしますよね。

そうすると、結露になってカビが発生します。

カビは胞子を空気中に出すので、その空気を常に吸い続けることになります。

デザインにこだわると内装材は、ビニールクラスが使われていたり、塗装された木材が使われることが殆どです。

これらの材料は人工的に作られたものばかりなので、常に化学物質を空気中に揮発し続けています。

目に見えないですし、常に体内に化学物質を体内に取り込んでいることになります。

もみの木の家では、名前の通り内装材にもみの木を使用しています。

使用するもみの木は、木が本来持つ成分を無くさない為に長時間かけて自然乾燥された無塗装の柾目材を使用しているので、調湿効果や空気洗浄効果など人体に優しく、一年を通してノンストレスで過ごせる家になります。

その他の材料に関しても、住む方の健康を考えた化学物質を一切使ってないオガファーザーや木材と同じで調湿に優れた土佐和紙を使用しています。

見た目にこだわったカッコいい家に住みたい気持ちも分かりますが、家族が健康で幸せに暮らせることを考えると性能にこだわってた家を建てる事が重要になってくるのではないかなと思います。

和才建設は、家族の健康を守る家づくりのお手伝いをいたします。
福岡県京築(築上(吉富町、上毛町)、豊前、行橋)、
大分県北部(中津、宇佐、豊後高田)を拠点にしています。

関連記事

  1. もみの木で過ごす冬

  2. 他の無垢材とはどう違うのか?

  3. 借景の緑が映えるやさしいもみの木の家

  4. 家づくりとお金 〜『総費用』とは?〜

  5. 梅雨入りの準備

  6. 第9回もみカフェ開催

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。