一年中素足で過ごせます

一年中素足で快適に暮らせる家ってご存知ですか?

冬は床が冷たく、スリッパが必要になりますし、夏は湿気で床がペタペタして足の裏につくので、素足で暮らすのは不快なことがありますよね。

そんな家が本当にあるのか、疑問に思われる方が多いでしょう。

家に帰って靴下を脱ぎたくても、床が冷たいか、不快に感じると素足で過ごすことが難しくなります。

でも、もみの木の家に住む方のほとんどが、一年中素足で生活しているのです。

一年中素足で過ごせる理由はいくつかあります。

まず、床の表面が凸凹していて、素足で歩くと足の裏が適度に刺激されるため、気持ちが良いのです。

これを靴下を履いて過ごすと感じられないこともあります。

ちなみに、粗滑感を感じながら生活することで、足の裏を刺激し、脳の発達にも良いとされています。

もみの木には調湿効果があり、湿気の多い夏でも床はサラサラとしています。

床の上で寝ても汗を吸収してくれるので、起きたときに不快感を感じることはありません。

さらに、もみの木は針葉樹で熱伝導率が悪いため、一度冷やされたり温められたりしても、長時間同じ温度を保ちます。

もみの木の家は、性能が高く、気密性や断熱性が優れているため、一年中素足で快適に暮らすことができます。

和才建設は、家族の健康を守る家づくりのお手伝いをいたします。
福岡県京築(築上(吉富町、上毛町)、豊前、行橋)、
大分県北部(中津、宇佐、豊後高田)を拠点にしています。
上記エリア以外の方でもお気軽にお問合せ下さい。

関連記事

  1. 家財ももみの木で

  2. “大きな窓”のメリット・デメリット

  3. 家の中で3密を防ぐには?

  4. もみの木の家と大掃除

  5. 先週は上棟でした

  6. 梅雨でも床も室内もベタ付きません

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。