高水準な省エネ性能

物価だけが上昇し続け様々なものが高くなり、住宅ですと毎月の光熱費が家計の負担を圧迫している状況です。
このような経済状況下では、家計の負担を軽減するためには、住宅の省エネ性能が非常に重要です。

住宅を新築する場合、多くの人が予算を抑えたいと考えるでしょうが、低コストな家ということは、通常、暑い夏と寒い冬といった快適さに制約が生じることがあります。

一般的に、床がカラーフロアで、天井や壁がビニールクロス仕様の住宅では、エアコンを一日中フル稼働させることが必要となり、その結果、光熱費が大幅に上昇することがよくあります。

年間を通して光熱費を考慮すると、初期投資を抑えたことが逆に高いコストとなる可能性があります。

何十年にわたる長期的な視野で見れば、この状況は深刻です。

低コストの家は、通常、10年ほどでコーキングが劣化し、外壁に苔が生えたり、定期的なメンテナンスが必要になることがあります。

この結果、総合的に見れば損失が生じることもあるのです。

弊社のもみの木の家について話すと、省エネ性能に関する評価として「BELS」を活用し、施主に安心感を提供しています。

BELSは住宅の省エネ性能を5段階評価(最高評価★5)するシステムで、一般の人々にもわかりやすく、高性能住宅かどうかを判断する手助けとなります。

弊社のもみの木の家は、全ての住宅で最高評価の5つ星を獲得し、高い省エネ性能を誇っています。

さらに、もみの木の家は熱伝導率が低く、光熱費に優しい住宅となっています。

世界的な経済の不透明さから、低コストの家を建てる気持ちも理解できますが、将来後悔しないためには、初期投資を行い、光熱費を節約し、快適な生活を実現することが大切です。

住宅の性能が、光熱費に大きな影響を与えることを考えると、未来を見据えた賢明な選択です。

和才建設は、家族の健康を守る家づくりのお手伝いをいたします。
福岡県京築(築上(吉富町、上毛町)、豊前、行橋)、
大分県北部(中津、宇佐、豊後高田)を拠点にしています。
上記エリア以外の方でもお気軽にお問合せ下さい。

関連記事

  1. もみの木の家の食品備蓄

  2. 板目に調湿効果は望めません!

  3. 第3回もみカフェ

  4. もみの木で過ごす冬

  5. “大きな窓”のメリット・デメリット

  6. 快適な夏

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。