材料選択の重要性

多くの会社は合板にシートを貼った新建材を使用しています。

この新建材は最近、印刷技術の向上により、外観が本物の木とほとんど区別できないほど本物に近い見た目で製造されています。

そのため、多くの人がこれが本物の木であると思い込んで日常生活を送っています。

実際、多くの家がこの新建材とビニールクロスで構築されています。

ただ、これらの素材は完全に人工的に製造されており、人に優しい効果は一切ありません。

むしろ、化学物質を空気中に放散し、その影響を及ぼす可能性があるのが問題です。

規制が存在する「フォースター」などの認証もあるかもしれませんが、これらは基準値以下であるだけで、化学物質の放散を完全に防ぐわけではありません。

これにより、体内に有害物質を取り込む可能性が高まり、化学物質は体内に蓄積され、突然現れる健康問題の原因となることがあります。

これが化学物質過敏症として表れることもあり、患者は家の中で過ごすことさえ苦痛に感じることがあります。

家族が病気になることはつらいことですが、多くの会社は新建材とビニールクロスを使用する家づくりを当たり前としています。

これはコスト削減と施工の容易さがあるためです。

多くの人がこれを疑わず、業界の慣行として受け入れています。

また、無垢材や新建材を使用すると、建築費が高騰するという印象が広まっていることも理由かもしれません。

弊社では、天然乾燥されたもみの木とオガファーザー、土佐和紙のみを使用しており、家の内部の空気環境を最優先に考えた家づくりを行っています。

健康を損なうような材料を使う必要はまったくありません。

一般的な会社がこれらの材料を使用することが一般的である一方、私たちがこうした材料を選ばない理由は、単に家を建てるのにかかるコストを安く抑えるためだけではありません。

木材の中でも、体に良い影響を及ぼすものとそうでないものがあることを理解すべきです。

そして、この事実を認識する人々は非常に少ないのが現実です。

したがって、建設業界ではこれが通常とされているのでしょう。

この状況に気づくためには、実際に経験し、五感で感じることが大切です。

弊社では、定期的に見学会を行っています。

少しでも気になった方は、お問合せ下さい。

和才建設は、家族の健康を守る家づくりのお手伝いをいたします。
福岡県京築(築上(吉富町、上毛町)、豊前、行橋)、
大分県北部(中津、宇佐、豊後高田)を拠点にしています。
上記エリア以外の方でもお気軽にお問合せ下さい。

関連記事

  1. BELSで最高ランクのもみの木の家

  2. アイン

    新築の匂いは有害です。

  3. お手入れが簡単です♪

  4. もみの木の家の冬支度

  5. 猛暑でもサラサラです。

  6. もみの木の家ブログ開設しました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。