気兼ねなく部屋干しができます

気温が低くなり、晴れた日でも洗濯物がなかなか乾きにくい季節になりました。

部屋干しする方も多いと思いますが、内装材に調湿しない材料を使っている家では、部屋干しはオススメできません。

最近の家は気密性が高くなっているので、湿気が充満してカビが生える原因にもなりますし、菌が増殖し易く生乾きのニオイも気になります。

もみの木の家ではどうかと言うと、部屋干ししてももみの木の内装材が調湿してくれるのでカビの心配もありませんし、洗濯物も良く乾いてニオイの元となる菌も分解してくれるので生乾きのニオイも気になりません。

加えて、家中どこでも乾きます。

除湿機など設備も要らないので、電気代も掛からず節約にもなります。

洗面所にクローゼットを設置しておけば、乾いた洗濯物をそのまま仕舞えるので、家事の効率も上がり整理整頓が苦手な方にも最適です。

季節や天候を気にすることなく、洗濯物の部屋干しができるのも、もみの木の家の特徴です。

和才建設は、家族の健康を守る家づくりのお手伝いをいたします。
福岡県京築(築上(吉富町、上毛町)、豊前、行橋)、
大分県北部(中津、宇佐、豊後高田)を拠点にしています。

関連記事

  1. 花粉症でお悩みの方にオススメです

  2. 家は性能が大切

  3. 分譲地のご紹介です。

  4. 冷房は高めの温度で大丈夫!

  5. もみの木の家と花粉症

  6. 他の無垢材とはどう違うのか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。