ニオイがしない

建てたばかりの新築は多くの場合、新建材から出る化学物質のニオイがしています。
化学物質だけでなく木材からもニオイがすることもあるので、使用している木材にアレルギーがある方にとっては、耐え難く感じてしまうこともあるでしょう。

もみの木の家ではニオイが気になりません。

体験見学会では、新築のニオイがしないと直感する方も中にはいます。

では、生活が始まると発生する生活臭はどうなのかと言うと、マルサ工業フォレストバンク製もみの木の内装材を使用している家では生活臭も気になりません。

消臭ができるのは、天然乾燥された針葉樹の木材だけ。

この条件に当て嵌る木材だけに消臭作用があります。

マルサ工業フォレストバンク製もみの木はすべて天然乾燥材の針葉樹です。

家のニオイはもちろん、持ち込まれた物のニオイもニオイの元を分解して消してくれます。

消臭剤や芳香剤を使用しなくてもトイレやキッチンなどの水回りのニオイも気になりません。

よく「無垢はニオイなどを吸着する」と言った説明を見聞きしますが、一般的な木の内装材に使用される針葉樹(杉、桧、パインなど)は、殆どが機械乾燥された木材となっている為、木が本来持っている臭いを分解する成分が消失しているため、消臭効果はほとんど期待できません。

もみの木の消臭作用にご興味がある方は、弊社モデルハウスにて体感することができますので、お電話またはお問い合わせフォームよりご連絡下さい。

和才建設は、家族の健康を守る家づくりのお手伝いをいたします。
福岡県京築(築上(吉富町、上毛町)、豊前、行橋)、
大分県北部(中津、宇佐、豊後高田)を拠点にしています。

関連記事

  1. もみの木の家の衣替え

  2. 使うほどに美しくなる家

  3. 色の変化も楽しめます

  4. もみの木の家の食品備蓄

  5. バリア機能を高めて受験に勝つ!

  6. 吹き抜けと断熱

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。