暖かい家を作れます。

11月に入り、 いよいよ本格的な寒さになってまいりました。

弊社の作るもみの木の家は冬でも家中どこに行ってもの暖かく過ごし易い家になります。

今では、高気密高断熱の家が当たり前になりましたが、一般的な家の床材はカラーフロアだったり広葉樹の硬い床だったりする事が多くなっていると思います。

家の中が寒く感じる原因の一つに床の硬さが関係します。

硬い床は熱伝導率が高く、柔らかい床は熱伝導率が低くなります。

熱伝導率が高い床は足に床が触れるとひんやり冷たく感じてしまいますが、熱伝導率が低い柔らかい床は、足に触れても硬い床のように冷たく感じることはありません。

もみの木は、柔らかいので熱伝導率が低いので、冷たく感じづらく室温より暖かく感じることになります。

また、もみの木は、一度エアコンなどで暖められた空気を蓄熱するので、長時間室内が冷えることなく暖かい室内が持続します。

加えて、乾燥する冬場でも調湿効果で、室内の湿度も一定に保ってくれるので過ごし易く快適です。

冬場の室内が寒くて辛いとお悩みの方は、もみの木の家であれば解決できると思います。

弊社ではもみの木をふんだんに使用したモデルハウスもありますので、是非ご体感ください。

和才建設は、家族の健康を守る家づくりのお手伝いをいたします。
福岡県京築(築上(吉富町、上毛町)、豊前、行橋)、
大分県北部(中津、宇佐、豊後高田)を拠点にしています。

関連記事

  1. もみの木はどこからやって来る?

  2. 吹き抜けと断熱

  3. 制振ダンパー

  4. 家づくりとお金 〜 住宅ローンの選び方 〜

  5. もみの木のが与える健康効果

  6. “大きな窓”のメリット・デメリット

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。