壁紙も自然素材

弊社のもみの木の家は、床や天井だけでなく、ふんだんにもみの木を使用します。

もみの木以外にも内装材には、快適な住環境をサポートする厳選した、もみの木と相性の良い自然素材の壁紙を使用しています。

弊社のもみの木の家で使用する壁紙は、土佐和紙とオガファーザーの2種類になります。

ひとつ目の土佐和紙の壁紙は、独特の風合いだけではなく、もみの木と同じように湿度が高くなった時は湿気を吸収し、低くなった時は放出して室内の湿度環境を一定に保ってくれる植物繊維ならでの機能を持っています。

また、表面の凹凸は光を乱反射させるので、日光や照明の灯りが柔らかく感じる事ができ、音も乱反射するので、室内から漏れる音も軽減してくれます。

ふたつ目のオガファーザーは、ドイツの新聞紙の再生紙と木を製材する際に出るおがくずを使って作られた壁紙で、ドイツの新聞紙に使用されるインクは植物性となるため、人への健康に影響を与える事がありません。

一般的に使用される化学物質を含んだビニール製の壁紙と違い、どちらも自然素材でできた壁紙となるため、アレルギー物質を放出する事がなく、清潔な空気環境を作る事が可能となっています。

静電気を発生させることもないのでホコリを壁に寄せ付けず、部屋に舞ってしまうことも少なくなるので、毎日のお掃除も大変楽になります。

弊社では、もみの木だけでなく壁紙にも自然素材にこだわり、お客様のご家族の健康を守る家づくりのお手伝いが最大限できるように努めています。

和才建設は、家族の健康を守る家づくりのお手伝いをいたします。
福岡県京築(築上(吉富町、上毛町)、豊前、行橋)、
大分県北部(中津、宇佐、豊後高田)を拠点にしています。

関連記事

  1. もみの木とお正月

  2. 完成見学会開催

  3. もみの木の家の冬支度

  4. もみの木の家と秋の空

  5. 第5回もみカフェのご案内

  6. もみの木の家と静電気

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。