何を重要視するのが良いか?

家を建てることを考えた時、内装のデザインに拘って考える方が最も多いと思います。

お洒落な家に住みたいと考えるのは当然のこと。

しかし、デザインだけに囚われず、家の内装材に何を使うかが最も重要視することが大切です。

多くの方がご存じないと思いますが、日本の住宅の内装材に使用されている殆どがビニールクロスやカラーフロアになっています。

これらの内装材には、化学物質が含まれていて絶え間なく揮発しています。

揮発され続ける化学物質は、部屋中に蓄積されていきます。

そうするとどうなるか?

呼吸する度に、体内に取り込まれ、シックハウス症候群や喘息などを発症してしまうリスクが伴ってきます。

この影響を一番受けるのは、小さな子供たちです。

弊社で扱っているもみの木の内装材は、体に優しく、有害物質も分解してくれる効果があるので、空気環境を常に綺麗に保ってくれます。

また、消臭効果など様々な効果があるので、室内は無臭で常にサラサラな室内環境が続きます。

一生住まう家だからこそ、デザインに加えて「家族みんなが健康で幸せに暮らすことができるかどうか」という部分にも重視して、内装材に拘ってみてはいかがでしょうか。

和才建設は、家族の健康を守る家づくりのお手伝いをいたします。
福岡県京築(築上(吉富町、上毛町)、豊前、行橋)、
大分県北部(中津、宇佐、豊後高田)を拠点にしています。

関連記事

  1. もみの木の家の壁紙

  2. 第10回もみカフェ開催しました

  3. 家づくりとお金 〜『総費用』とは?〜

  4. もみの木の家

  5. クリスマスとお正月ともみの木

  6. もみの木の家で室内でも快適に

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。