アレルギー症状が緩和できる家

昨年実施されたある調査では、新築またはリフォームから5年以内の住宅に住む約3000人を含む、約5000人からの回答が得られました。その中で、約27%の人々がシックハウス症候群の可能性があると指摘されました。

「シックハウス症候群」とは、特定の建物や住環境に関連する健康問題の総称で、特に室内空気品質が関与しています。

以下に、シックハウス症候群に関する情報を詳しく説明します:

シックハウス症候群は、建物内で慢性的な健康問題が発生する症状を指します。これらの症状には、頭痛、目のかゆみ、喉の痛み、吐き気、疲労感、アレルギー様の症状、呼吸器の問題などが含まれます。シックハウス症候群は、特に新築の家や改装が行われたばかりの建物でよく見られます。

シックハウス症候群の原因はさまざまで、以下の要因が関与することがあります:

室内空気品質の悪化: 建物内で化学物質や揮発性有機化合物(VOC)などの有害物質が過剰に放散され、室内の空気品質が悪化することがあります。これは新築材料、塗料、家具、カーペット、クリーニング用品などからの化学物質によるものです。

適切な通気: 建物内での十分な通気が行われていない場合、空気中の有害物質が蓄積しやすくなります。また、建物が密閉されすぎることも問題です。

微生物: シックハウス症候群は、カビやダニ、細菌などの微生物の増殖に関連していることがあります。湿度の高い環境や不適切な清掃が原因となることがあります。

アレルギー物質: アレルギー性の反応を引き起こす物質(花粉、ホコリ、ペットの毛など)が室内に侵入することがあり、アレルギー症状を悪化させる要因となります。

このようなシックハウス症候群対策に最適なのがもみの木の家です。

通常、新築やリフォームで使用される新建材や塗料には、室内の空気品質を悪化させる揮発性有機化合物(VOC)が含まれています。

しかし、もみの木の家では、このような有害物質の放散が極力抑制され、室内の空気は清浄で健康的なものとなります。

もみの木の内装材は、VOCを吸収する優れた性質を持っており、室内の空気浄化に貢献します。

また、もみの木の内装材は自然に湿度を調整し、適切な通気を提供します。

これにより、湿度が極端に高くなることや低下することを防ぎ、カビやダニ、細菌などの微生物の繁殖を阻止します。

室内の湿度と通気が適切に管理されることで、シックハウス症候群のリスクが大幅に低減します。

さらに、空気清浄効果も期待でき、通常の建材に比べてアレルギー誘発物質の蓄積を減少させ、微小な粒子やアレルギー源となる物質が少なくなるため、住人のアレルギー症状の発症リスクが軽減されます。

加えて、天然の抗菌特性を持っており、微生物の成長を防ぐ役割を果たします。

シックハウス症候群に敏感な方々にとって、もみの木の家は健康と快適さを同時に提供する魅力的な解決策と言えます。

和才建設は、家族の健康を守る家づくりのお手伝いをいたします。
福岡県京築(築上(吉富町、上毛町)、豊前、行橋)、
大分県北部(中津、宇佐、豊後高田)を拠点にしています。
上記エリア以外の方でもお気軽にお問合せ下さい。

関連記事

  1. 第4回もみカフェ告知

  2. 家事動線と湿気

  3. 収納場所も衛生的

  4. 花粉症が緩和されるかも

  5. 合言葉は「おうちで過ごそう」

  6. 完成見学会中止のお知らせ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。