換気だけでは不十分

近年、健康に対する意識が高まっています。

多くの人が健康を考えるときは食べ物や飲み物に気を配りますが、実際には環境化学物質の80%以上が空気から肺に取り込まれています。

一般的な家の内装材に使われている壁紙やカラーフロアー、無垢材の塗料などの建材には様々な化学物質が含まれています。

家具も同様です。

これらの化学物質が、家の高気密化により家の中に蓄積され、健康に害を及ぼす可能性があります。

そのため、日本では24時間換気が義務化されています。

ただし、この換気とは2時間に一度部屋の空気が入れ替わる計算になっていますが、換気能力が上がったとしても一気に入れ替わるわけではないため、建材からの化学物質がずっと揮発し続けています。

これらの化学物質は一度吸い込むと体内に蓄積され、頭痛や喘息、アレルギーなどの原因となることがあります。

一方、もみの木からは人の体に害を及ぼすものは揮発されません。

弊社で使用するもみの木の内装材は天然乾燥されたもののみを使っているため、半永久的に放出されるフィトンチッドが室内空気を汚染する化学物質(ホルムアルデヒドなど)を分解し、空気を柔らかく保ってくれます。

そのため、もみの木の家は新築でも一般的に言われる新築の匂いはありません。

もみの木の家では、清潔で健康的な空気環境がほぼ永久的に持続します。

家を検討される際には、空気環境にも注目されることをお勧めします。

和才建設は、家族の健康を守る家づくりのお手伝いをいたします。
福岡県京築(築上(吉富町、上毛町)、豊前、行橋)、
大分県北部(中津、宇佐、豊後高田)を拠点にしています。
上記エリア以外の方でもお気軽にお問合せ下さい。

関連記事

  1. よしとみワッショイ春祭り

  2. 普通の家との違い

  3. 建設資材の高騰で考える住宅の選び方

  4. もみの木の家の収納

  5. 分譲地のご紹介です。

  6. モデルハウスオープンの案内

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。