家の空気環境の重要性

もみの木の家では、ビニールクロスを一切使用いたしません。

一般的な住宅では、ビニールクロスが広く使用されています。

ビニールクロスにはさまざまな種類があり、天井や壁、部屋ごとに異なる種類を選択でき、価格も手頃なため、多くの家庭で好まれています。

一部の高級住宅でも、ビニールクロスが一般的に採用されています。

多くの人々がビニールクロスを選択する傾向にありますが、ビニールクロスはプラスチックから作られており、柔軟性を持たせるために可塑剤が含まれています。

ビニールクロスのカタログには、揮発性有機化合物(VOC)が示されています。

これは、化学物質が空気中に放出されることを意味します。国の基準値以下であっても、VOCが空気中に放出されている可能性があります。

新築の住宅には、化学物質の臭いが含まれています。

この臭いは、実際には危険なものであり、体内に取り込まれる可能性があります。

特に、小さな子供やペットは影響を受けやすくなります。

もみの木の家では、ビニールクロスの代わりにオガファーザーと土佐和紙を使用しています。

これは、空気環境を考慮した選択です。家族が一生を過ごす家は、良い空気環境が重要だと考えています。

家の中には、空気環境を悪化させるものがたくさんあります。

家の中に存在する化学物質には注意が必要です。

家の気密性能が高まると、さまざまな化学物質が家の中に閉じ込められる可能性があります。

したがって、家の空気環境を改善することは重要です。

私たちは、生まれてから死ぬまで、常に呼吸しています。

食べ物や水と同様に、空気の質にも注意を払うべきです。健康な生活を送るためには、良い空気環境が不可欠です。

そのため、もみの木の家ではビニールクロスを使用いたしません。

和才建設は、家族の健康を守る家づくりのお手伝いをいたします。
福岡県京築(築上(吉富町、上毛町)、豊前、行橋)、
大分県北部(中津、宇佐、豊後高田)を拠点にしています。
上記エリア以外の方でもお気軽にお問合せ下さい。

関連記事

  1. どの家でも同じニオイ

  2. 気兼ねなく部屋干しができます

  3. 人工乾燥は呼吸しません。

  4. 秋の花粉症にももみの木

  5. もみの木の家の現場で感じること

  6. 完成見学会中止のお知らせ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。