新築の匂いの正体は!?

一度は新築の匂いを嗅いだことがあると思いますが、この新築の匂いの正体をご存じでしょうか。

一般的な多くの住宅に使用されている壁紙の殆どがビニールクロスになります。

ビニールクロスには、様々な化学物質が含まれていて、これらの物質は家の中で揮発します。

皆さんが感じる新築の匂いの正体は、この揮発したビニールクロスに含まれる化学物質の匂いになります。

もみの木の家に住んでいる方は、室内に入るなり目がシバシバしたり鼻水がツンとしたり相当きつく感じると思います。

最近では、高気密住宅も多くなってきていますが、高気密だと室内に空気が留まる。

すなわち、密閉された空間に近くなってしまうため、壁紙にビニールクロスが使用されていた場合、結果的に室内に化学物質が溜まってしまうことに繋がります。

化学物質は絶えず揮発し続けるので、知らず知らずのうちに体内にも蓄積されていくことになり、シックハウス症候群や喘息などになってしまうこともあります。

弊社のもみの木の家では、壁紙にもみの木と同様に調湿に優れ、保温効果及び吸音効果もある「土佐和紙」と化学物質を一切使ってない、再生紙とウッドチップ(木片)から作られた「オガファーザー」という壁紙を使用しています。

その為、弊社のもみの木の家では、新築でも一般的な新築の匂いがありませんし、無味無臭の空気環境になります。

情報を簡単に自分でインプットできる昨今では新築のデザインに拘る方も多くいると思いますが、長く住まう家だからこそ家族の健康を守る家づくりを考えてみてはいかがでしょうか。

和才建設は、家族の健康を守る家づくりのお手伝いをいたします。
福岡県京築(築上(吉富町、上毛町)、豊前、行橋)、
大分県北部(中津、宇佐、豊後高田)を拠点にしています。

関連記事

  1. 梅雨は部屋干し

  2. アイン

    もみの木の家の住み心地

  3. もみの木の家ブログ開設しました。

  4. 家づくりとお金 〜 住宅取得支援策 〜

  5. ニオイがしない

  6. もみの木はどこからやって来る?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。